スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/(^o^)\ナンテコッタイ

くじ引きで応援団になってしまいました←結論


応援団とは対極にいるような人間がなってしまう時点で十分アレなんですが、三者面談で「(志望校に行くには)この夏休みが本当に重要になってくる」と言われた矢先の出来事で、まさに/(^o^)\ナンテコッタイといった状態です。

前回の記事の後、祖父母といろいろと話をして、気がだいぶ楽になったばかりなのに(^_^;)


そういえば、応援団を決める前に担任が「これで成績が下がったのなら、それは本当の実力じゃない」と言っていました。

それはつまり、"下がり"はしないけど、"上がり"もしないということですか?


去年、同じようにして応援団になってしまった友人は、「大丈夫!志望校を下げたらいいさ」と"励まして"くれた後、「去年の3年生は自主練習をかなりしてた」と教えてくれました。

きっと、
何かと仕切りたがる女子「高校最後の体育祭だし、みんな頑張ろう!だから、自主練習ね」
やたら女子を意識してる男子「いいね、それ!」
残りの男子・女子「分かりました(マジかよ…)」
という感じだったんでしょう。


そんな偏見に満ちた妄想はともかく、この「自主練習」を今一番恐れています。
教師側が練習を制限しても、それはあくまでも"自主"練習だから制限は受けない。そして、自主練習といいながらも、圧力によって全員強制参加になるということが想像に難くないからです。

やり遂げるほかにないのは分かっていますが、その応援団とやらがほんの数年前に始まった歴史も伝統もないものだから、尚更やる気がでないんですよね…



次の記事は「日々の出来事」以外のカテゴリーを。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

keyit

Author:keyit
若さと渋さの間で揺れる、しがない大学生です。鹿児島県在住。車、モータースポーツ、ガジェットが大好きです。

<keyit@ ~ >
keyit@Twitter
keyit@はてな
keyit@Tumblr
keyit@ブクログ

Flashカレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
携帯百景
ブクログ
QRコード
QR
タグクラウド
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。