スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”元IT企業社長のF1ネタばれRT”に思うこと

Twitter / @OneTopi「F1」: F1 中継といえばネタバレ問題。もうすぐ F1 が見...
Togetter - 「六本木で働いていた元社長の F1 ネタバレツイートとそれに対する反応」
Togetter - 「六本木で働いていた元社長の F1 ネタバレツイートとそれに対する反応 第二章」


”彼”に会ったこともないし、会いたいとも思いませんが、今までの彼の言動をザッと見た限り、挑発的な意見を言って、構ってもらおうとする、いわば"構ってちゃん"に見えてきて仕方がありません。
もし、彼がその"構ってちゃん"であるとすれば、こうやってこの記事を書いていること自体が彼の思う壺なわけですが、彼はもうすぐ"遠い場所"に行ってしまう(だろう)し、僕がこうやって彼についてここで言及するのはこれが最初で最後でしょうから、書き留めておこうかと思います。

ほとんどのレースが録画放送の地上波でF1放送を観る、通称「F1地上波組」と呼ばれる人たちにとって、レース結果のネタバレというものは極めて恐ろしいものです。
かくいう僕も、Yahoo! JAPANのトップで結果を目にしてしまったり、「日本一影響力のあるブログ」に選ばれた某ブログに結果が載っていてそれを見てしまったという苦い過去があります。特に、後者のような「F1のレース結果を扱うように見えない」情報発信源は、言い方は悪いですが厄介です。

これは今回の彼とよく似ているのではないでしょうか?

ここで「F1の結果を扱う時はきちんと配慮すべきだ!」という意見を出せば、この記事もここで切り上げることができそうです。
ただ、それはあまりにもわがまま。

批判への反論を見ると、彼の程度が知れますが、彼を非難するのはちょっと違うかなと思います。
これは当事者じゃないから言えるのかもしれませんが・・・

同じようなことになっても、丸く収まった例もあります。
Togetter - 「ブリヂストン浜島さんのネタバレツイートとそれに対する反応」
これは、お互いが紳士淑女であれば、ここまで角が立たずに丸く収まるという、とてもいい例だと思います。
たらればになりますが、今回の一悶着において、片方でもそうであれば、ここまで醜いことにはならなかったはずです。

と、ここまで書き進めていて不思議なことがあります。
それは、最初に紹介した2つのTogetterを見ていて一番、見苦しいのが、彼でも、彼を批判している人たちでもなく、彼を批判している人を批判している(≒彼を擁護している)人”の一部”であること。
あの偉そうな物の言い方はなんとかならなかったんですかね。
毎月、フジテレビにお金を払うだけで、あそこまで偉そうな態度がとれるようになるとは!
小心者の僕には夢のようなお話です!!
なんか、個人差があるというか、限られた人のみに起こる副作用的な何かにも見えますが・・・・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

keyit

Author:keyit
若さと渋さの間で揺れる、しがない大学生です。鹿児島県在住。車、モータースポーツ、ガジェットが大好きです。

<keyit@ ~ >
keyit@Twitter
keyit@はてな
keyit@Tumblr
keyit@ブクログ

Flashカレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
携帯百景
ブクログ
QRコード
QR
タグクラウド
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。