スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”かっこかわいい”とはこれのことを言うんだろうな

ジムニーがチョロQみたいなトラックに変身(ギズモード・ジャパン)

ジムニーが立派なピックアップトラックになっています!
この改造を手がけたのは、日本のMUU Communicationsさん。
ブログにはその制作過程が写真付きで載っていますが、これはすごい。本当に手間がかかってるなーという感じです。これにはオーナーさんもきっと満足したのではないでしょうか。
ただ、もともとが軽自動車とはいえ、剛性とかどうなんだろう・・・(ボソッ



ちなみに、Top Gearの影響で脳内BGMはずっとこれが流れていたりしますw

スポンサーサイト

Will I need to say goodbye to MT?

少し遅い話題ですが・・・

ランボルギーニ、マニュアルトランスミッション廃止へ(レスポンス)
ランボルギーニがマニュアル・ミッションを廃止!!!(Autoblog JP)

上の記事の元となっているのはこちらの記事(英語)のようです。かなり長いので読んでません読めません(^_^;)

フェラーリと並ぶイタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。同社が2012年以降、市販車にマニュアルトランスミッションを設定しない方針を打ち出した。

これは7日、米国の自動車メディア、『モータートレンド』が伝えたもの。同メディアの取材に応じたランボルギーニの研究開発部門ディレクター、Maurizio Reggiani氏は、「2012年発表予定の次期『ガヤルド』には、マニュアルトランスミッションを用意しないつもりだ」と語ったという。

すでに同社は、最新作の『アヴェンタドールLP700-4』について、トランスミッションを7速2ペダルのシングルクラッチだけに絞り込み。現行ガヤルドに関しても、マニュアル比率はわずか1~2%だったことから、マニュアルトランスミッションの廃止を決めたとのことだ。

一方、ポルシェは次期『911』に、7速マニュアルトランスミッションを設定する計画。スポーツカーメーカーによって、マニュアルトランスミッションに対する考え方は、異なるようだ。

via: ランボルギーニ、マニュアルトランスミッション廃止へ


理由としては、引用した記事中の「現行ガヤルド(Autoblogでは”現在サンタアガタ工場で生産されているランボルギーニ車”)のマニュアル比率がわずか1~2%だったこと」。
そして、carviewのランボは将来、MTモデルを開発しない!?によれば、「タイヤから燃焼室までのトータルな電子制御にとって、MTが障害になること」も理由のようです。


”ひとつの時代”が終わってしまう日もそう遠くはないのかもしれませんね。
でも、レスポンスの記事の最後の部分によれば、それはそんなに近くもないのかな?
ともあれ、ランボルギーニのMTの時代が終わってしまうと思うと寂しいです。
TAG :
Lamborghini

自動車ってステータスシンボルなの?

年収350万夫「車は一家の格。金かけるべし」と500万円の車をローンで購入。妻マジ切れ(痛いニュース(ノ∀`))より

「車は一家の格」と500万の車買った年収350万夫に妻激怒
日ごろは“いい夫”なのに、ある条件がそろうと、突然、理解を超える行動をとるのが男という生き物なの?女にはとうてい理解できない…。千葉県在住のMさん(48)は、車に乗ると性格が豹変する夫(52)に悩まされている。

「なにモタモタしてんだよ! テメエ、ざけてんじゃねーよ」

職場でいちばん温厚と評判の夫が、車を運転した途端に豹変する姿を最初に見たときの衝撃といったら…。私、これじゃやっていけないと思って実家に1週間、帰ったんだから。

そもそも九州の田舎で育った私と東京生まれのダンナとは“車”の意味がまるで違う。 私にとって車は実用品でしかないけど夫は「一家の格」だっていうの。「人格があるように車にも“車格”があるから、お金をかけるべし」。

ほんと、バカじゃないかって何度もケンカしたわよ。なんで年収350万円しかないのに500万円の車をローン組んでまで買わなくちゃなんないのよ。

ムリして手に入れたせいか、ハンドルを握った夫は、オレサマ状態。ほかの車が、ちょっとでも気に入らないことをすると、スイッチ・オン! 汚い言葉で怒鳴りつけるの。運転してないときはそんな言葉使わないし、家で声を荒らげたりすることなんてまったくないのに…。
http://news.ameba.jp/20110505-80/

via: 上記記事



タイトルの「自動車ってステータスシンボルなの?」という点について考える前に、年収が350万円で500万円の”もの”を買うこと自体、どうなんでしょう?
生活が困窮することを分かった上で、本当に欲しいものならアリなのかもしれません。
ただ、いくら妻とはいえ、自分のわがままで困窮した生活の道連れにするのは、夫として褒められたものじゃないですね。上の記事のように「汚い言葉で怒鳴りつけるの」なんて酷すぎます。

では、その”もの”が「一家の格」もとい「ステータスシンボル」なら?
そうなると尚更、褒められたものじゃなくなると思います。

例を出します。「ボロボロのアパートに住む高級車オーナー」と「豪邸に住む軽自動車オーナー」なら、どちらが”ステータス”の高いでしょう?
前者を選んだ人は「車を重視」し、後者を選んだ人は「住居を重視」したことになります。また「それぞれの値段が分からないと・・・」と悩んだ人は、その人の「資産を重視」したことになります。ひょっとすると「その人の職業が分からないと・・・」と悩んだ人もいるかもしれません。
このように、人それぞれ「何を重視するか」が違うわけです。
だから、記事に出てくる夫が高級車に乗っても、「あの人はステータスが高い」と思うのは同じ「車を重視」する人だけということになります。
こう考えると、わざわざステータスシンボルに気を使うほど馬鹿らしいことはないです。

では、そもそも自動車ってステータスシンボルなのでしょうか?
これはどちらが正しいとも言い切れません。それは上に書いたように、人それぞれ「何を重視するか」が違うからです。
ただ、個人的な意見を言えば、車は「ステータスシンボル」なんてものじゃなくて、野球が好きな人にとってのグローブやバットのようなものだと思います。
もしも『年収350万夫「車が好きだから」と500万円の車をローンで購入。妻マジ切れ』だったら、ちょっと夫に肩入れしてたかも・・・

車に限らず、きちんと収入に見合った買い物を心がけるのが大切ですね!それに値段だけが全てじゃないですし

スピード違反でよく捕まる車種ベスト10!in US

なかなか興味深い記事があったので、ご紹介します。そこそこ長いですので、お暇なときにどうぞ^^
Autoblog JPの10月21日の記事です。

自動車保険の格付け会社、Quality Planningが、スピード違反で捕まる車種とドライバーのタイプを調査し、その結果を発表した。

スピード違反といえば、スポーツカーを乗り回す、血の気の多い若者を想像しがちだが、違反する車種トップ10のハンドルを握っていたのは、ほぼ30歳以上のドライバーで、しかも大多数は40歳以上であることが分かった。さらに驚くことに、トップ10のうち7車種のドライバーは、女性ドライバーの方が多かった。

スピード違反でよく捕まる車種ベスト10!
(autoblog)

» Continue Reading

”かわいい”だけじゃない!日産「リーフ」の新CM



参照:【ビデオ】日産「リーフ」の新CMはホッキョクグマが主役(autoblog 日本版)


か、かわいい・・・(´∀`*)
こちらの動画は、日産「リーフ」の北米向けの新CMだそうです。
こういうCMは非常に好感が持てます。ホッキョクグマがかわいすぎて、少しずるい気もしますが・・・
最後の20秒しか「リーフ」が映らないのに、強く印象に残る。これは凄い!
インパクトだけを重視したCMや、ただ商品を宣伝するだけで中身のないCMより、このような、さりげなく商品を宣伝するCMの方が遥かに印象に残りますし、その商品、企業への好感も大きいと思います。
こんなCMだらけになってしまうのも考えものですが、こういう質の高いCMが増えていってほしいです。



↓同じEVである、三菱「i-MiEV」のCMとは大違いですねw




時間の違い、国の違いはありますが、ここまで違うとは・・・・・
TAG :
Nissan
CM

'CHAIN OF FOOLISHNESS' 「馬鹿げた連鎖」

子どもを出せばいいってわけじゃねーぞ!!


ついさっき、テレビで三菱・iMiEVの新しいCMを初めて見ました。

・・・何なんですかあれは

iMiEVや三菱のイメージは、決して悪くないどころか良いものだったのに、このCMのせいでイメージがた落ちです。

そもそもの”元凶”はトヨタの「こども店長」
そして、それに続いてフォルクスワーゲンの「フォルクスワーゲン報道官」

はぁ~
溜め息が出ます・・・

そもそも、何で”子ども”を出すんだろ?
それも、「エコカー」という点をやけに強調する”子ども”を



自動車メーカーにとって「エコカー減税(補助金)」は大きな追い風です。そして、その追い風をうまく利用し、いかに前に進むかは、非常に重要なことです。
最近の車のCMを見ていると、「エコカー減税」という言葉をかなりの頻度で耳にします。
メーカー側にとっては、少しでも売り上げをと必死なのでしょう。
ですが、このようなやり方にはどうも好感をもてません。
その車は「エコカー減税」という言葉を添えなければ、売れないような車なのでしょうか。一番のアピールポイントが「エコカー減税」である車なのでしょうか。もしそんな車なら、売るのをやめて欲しいというのが正直な感想です。
そもそも、たくさんの車が低燃費に(=エコカー減税の対象車に)なった状態で、低燃費を売りにするのもいかがなものかと思います。「プリウス」のようにずば抜けて良いのならともかく、同レベルの車がたくさんいる中で、低燃費を一番強調する。違和感を覚えるのは僕だけですかね?

昨今の不景気を考えれば、これも致し方ないのかもしれませんが、こんな調子じゃ景気が元に戻っても立ち直れない気がします・・・

Lotus EXIGE !!

ロータス・エキシージに駅前で遭遇しました!
人が乗ってたし、周りに人がたくさんいたので、写真は撮れませんでしたが、カッコよかった~!!
TAG :
Lotus

Top Gearのジェームズが名誉博士号を授与されたっぽい!

前の記事でも、ちょこっとお伝えしましたが、
Top Gearのジェームズ・メイが名誉博士号を授与されたっぽいです!!

ソース:
トップギアのジェームス・メイに、名誉博士号を授与autoblog
Top Gear presenter James May awarded honorary doctorate(BBC)

BBCのニュース記事を訳してみようかと思いましたが、考えが軽率でした・・・・・
上手く訳せないし、第一、あっているのか分からないです。
まあ、一応載せてみます。←恥さらs(ry
間違っている部分はぜひ教えてください。よろしくお願いします。

※高2の素人が、青二才の分際で訳した文章ですので、間違っているはずです。いや、間違ってます。

Top Gear presenter James May awarded honorary doctorate

Top Gear co-presenter James May has been awarded an honorary degree by Lancaster University.

The award-winning journalist was a student on the campus in the 1980s when he studied music.

Known as Captain Slow for his cautious driving style on the BBC Two show, he has become an honorary doctor of letters.

He said he was "flattered" to receive such an accolade, and felt emotional returning to his former university.

"It's very nostalgic, what with work commitments I haven't been back for 10 years.

"I walked round the campus and it was very emotional, it doesn't really come flooding back but, more like a wall covered in posters, it hit me instantly.

"It smells the same, feels the same but altered so I got slightly lost."

May graduated in 1985 and remembers a time "bathed in benign sunshine".

"But it must have rained really, it is Lancaster after all," he added.



トップギアの司会者ジェームズ・メイが名誉博士号を与えられた

トップギアの司会者ジェームズ・メイは、ランカスター大学から名誉博士号を与えられた。

名誉博士号を与えられたジャーナリスト(=メイ)は1980年代の学生で、当時、音楽を専攻していた。

BBC twoのテレビ番組(=トップギア)での慎重な運転により、「キャプテン・スロー」として知られる彼は、文学の名誉博士となった。

彼は「こんな栄誉をもらうなんて光栄だよ(こんな栄誉をもらうなんて光栄だよ(棒)?)。あと、母校に帰ったのは感慨深かった。

「とてもなつかしい。仕事やらで10年間、ここには戻ってきてないんだ。」

「僕は大学のキャンパスを歩いてみたんだけど、とても感動的だった。思い出が洪水のように溢れてくるというよりは、たくさんのポスターで覆われた壁が即座に私にぶつかってくるような感じだった。」

「当時と同じ匂いがしたよ。当時と変わってないと感じたけれど、実際は、少し道に迷ってしまうぐらい変わってたよ。」」と話した。

メイは1985年に卒業。当時を「柔らかい日差しの下での日光浴」と振り返った。

「でも、雨が降っていたに違いない。なにしろ、ランカスターだからね。」と、彼はそう付け加えた。




ジェームズが卒業した(今回名誉博士号を授与された)「ランカスター大学」ですが、

ランカスター大学は、英国の学術研究大学上位10校の1つであり、その教授法の質は常に高く評価されています。国際的にも高い評価を得ている為、世界中から研究者や留学生が学びにきます。(BRITISH COUNCIL japanより引用)


と、どうやらすごい所らしいです。


また、ジェレミーも数年前にオックスフォード・ブルックス大学から名誉博士号を授与されていたみたいです。


メイ、名誉博士号の授与おめでとうございます!^^


2010/7/27 追記:数回にわたり訳を訂正。それに伴い、記事本文も訂正。
2010/7/28 追記:数回にわたり訳を訂正。

New SUZUKI SWIFT was unveiled!!

2010-suzuki_swift_1

2010-suzuki_swift_2

参照:
スズキ、新型「スイフト」を ハンガリー・マジャールスズキにて生産開始(スズキ)
スズキ スイフト 新型、概要発表…欧州発売は今秋(Response)
スズキ、新型「スイフト」の概要発表 (Car Watch)

スズキ、新型「スイフト」をハンガリーで生産開始(webCG)
スズキ スイフト 新型、日本での発売時期は未定(Response)


「そろそろかな?」と思っていた矢先でした。
現行モデルになって、もう6年も経つんですね。

一見すると、現行モデルとあまり変わらない印象を受けますが、
ヘッドライトやフロントグリルの形状がだいぶ変わってます。
エクステリアは現行のコンセプトを維持といった感じです。

一方、新開発のガソリンエンジンとディーゼルエンジンの採用、新型プラットフォームの採用など、見えないところはかなり変わっています。

現行モデルの評価が高い分、期待が高まるわけですが、果たしてどうなるのか・・・
欧州の自動車メディアのレビューが待ち遠しいです。

今回、生産開始が発表されたのは、ハンガリーのマジャールスズキで生産され、欧州各国へデリバリーされる”欧州仕様”
”日本仕様”については日本で生産をおこなうらしいです。
そして、欧州での販売は”今秋”としていますが、日本での販売時期については”未定”だそうです。


個人的には、「スイフトスポーツ」がどうなるのか、ものすご~く気になります。
TAG :
New_Models
Suzuki

Goodbye... PRESIDENT&CIMA...

またまた、こんにちは。

参照:
【新聞ウォッチ】日産 プレジデント と シーマ、8月末で“勇退”(レスポンス)
日産「プレジデント」「シーマ」生産終了へ(ネタフル)

まだ、日産からのプレスリリースは出ていませんが、「プレジデント」「シーマ」が2010年8月末をもって生産終了だそうです。
正直言うと、あまり馴染みがない車だったせいか、FD2のときほどは驚きと悲しみはないんですよね・・・
でも、また1つ、あっ、2つ、車が消えていくと思うと残念です。
販売台数の低迷に加え、新しい衝突時の安全基準に適合しなくなる(安全基準に適合させる開発を進めるには販売台数が少ない)のが原因だとか・・・
そして、後継モデルは予定されておらず、「フーガ」が”代わり”ということらしいです。

なんか、1つの時代が終わった感じがしますね。

(追記)そういえば、FD2も8月末で生産終了ですが、これは何かあるのか?
TAG :
生産終了
Nissan
プロフィール

keyit

Author:keyit
若さと渋さの間で揺れる、しがない大学生です。鹿児島県在住。車、モータースポーツ、ガジェットが大好きです。

<keyit@ ~ >
keyit@Twitter
keyit@はてな
keyit@Tumblr
keyit@ブクログ

Flashカレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
携帯百景
ブクログ
QRコード
QR
タグクラウド
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。