スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー] 星新一『死体ばんざい(星新一YAセレクション)』

おととい、学校の図書室からこんな本を借りてきました。


死体ばんざい (星新一YAセレクション)死体ばんざい (星新一YAセレクション)
(2008/08)
星 新一

商品詳細を見る


久々の「星新一」です。
読んだことのない作品を読むのは2,3年ぶりでしょうか。

実はうちの高校の図書館には、今まで星新一作品が1冊もなかったんです。それが、最近になって(司書が変わって)やっと、入ってきました。これは前の司書の悪意を感じるなぁ(ボソッ
その入ってきたのがこの「YAセレクション」
”YA”って何なのか謎ですが、全10巻。
今回借りてきたのは、その第1巻です。ちょっとタイトルが物騒ですね・・・(笑)


読み終わった感想ですが、やっぱり星新一はいいなぁとつくづく感じました。
短いながらも一つひとつの作品の世界観は決して粗雑ではなく、なにより、数十年前の作品なのに古さをほとんど感じさせない。これは本当にすごいことだと思います。

この本に収録されている作品は、

影絵
ある休日の午後
来訪者たち
才能
こころよい人生
想像のなか
なにかの縁
あれ
ひとつのタブー
品種改良
勝負
死体ばんざい


の12編。

残念なことに、読んでいてオチが分かってしまったものがいくつかありました(とくに前半)。
「あれ、星新一の作品ってこんなものだったっけ?」
と思ってしまったのも事実です。
ですが、やっぱり「星新一」。見事に意表をついてくれた作品の方が、全体としては多かったです。

最後まで読んでみた限り、「人の生き方」というものへの教訓が含まれた作品が多く集められている印象を受けました。
しかし、そうした一貫するテーマみたいなものがあるにしては、テーマからそれた作品が多いような気もします。単なる気のせい?

一つひとつの作品に対する感想は追記に・・・

※以下、ネタバレを微妙に含んだ記述があります。閲覧には十分ご注意ください。

» Continue Reading

スポンサーサイト
TAG :
レビュー
星新一
プロフィール

keyit

Author:keyit
若さと渋さの間で揺れる、しがない大学生です。鹿児島県在住。車、モータースポーツ、ガジェットが大好きです。

<keyit@ ~ >
keyit@Twitter
keyit@はてな
keyit@Tumblr
keyit@ブクログ

Flashカレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
携帯百景
ブクログ
QRコード
QR
タグクラウド
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。